2016年01月17日

全国銀行協会に訊いてみました。

前スレの全国銀行個人情報保護協議会というのは、銀行に勤務する方のための団体だという事に後で気づき、勝手に赤面してました。恥ずかしい・・・・

で、気を取り直して今度は全国銀行協会に問い合わせてみました。
いろいろと質問をし、丁寧な回答をいただきましていくつかの疑問が晴れました。

一番大事なポイントは銀行同士の他行間での情報のやり取りは無いはず、ということ。
つまりM銀行が持っている私の顧客情報に記載されているであろう毀損データは、●●銀行からM銀行に直接渡されたものではなかったわけです。
●●銀行のお陰で私は銀行に対して疑心暗鬼に過ぎてたと気づきました。

ですがそれは、M銀行の私の顧客情報に何故毀損情報が記載されたのか?という疑問に変わります。
まさか中傷ビラに本人要件情報まで書きはしないだろうから、中傷ビラの情報が書かれたということは無いはず。
逆に考えると、顧客情報にたどり着けるように本人要件情報+毀損情報でM銀行に渡ったことになります。

なら誰が?
当時利用したO−JINJIの派遣会社は考えにくい。関東地方全域+宮城県に中傷ビラを撒くイメージにはならない。


・・・結論に至った経緯は省きますが、某セキュリティ関連会社だとわかりました。
両銀行にも繋がってますし、私の経験を振り返ってみても合致する。
時々、自宅近くの”いかにも見張ってます”というポジションに何度か社用車で来てましたし。

社用車で来るのは油断し過ぎでしょ。こちらが16年も行動してないと無理もないかもしれないけど。
まあ、実行犯がどこの組織であるのかわかったのが今回の収穫です。

よくやるよw
posted by はちわれ at 12:19| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと犯罪の構図が理解できました。

●●銀行が某セキュリティ企業に「はちわれ潰し」を依頼する。

某セキュリティ企業は私の毀損情報をでっちあげ、自社サーバに登録管理する。
その情報をばら撒き担当企業に渡して紙媒体で拡散する。

一方裏では、転職が妨害される。

・ばら撒いた情報でイメージを貶める。
・面接した企業が某セキュリティ企業と契約している場合、履歴書の情報で問い合わせると登録されている毀損情報が返される。
・面接した企業が某セキュリティ企業と契約していなくても調査会社に前歴調査を依頼すると、某セキュリティ企業に照会され、そこから出てきた毀損情報が面接した企業に返される。


これではまともな転職なんてできません。
個人情報について厳しいご時世なのに。

兎に角、この犯罪を実行した企業名を世間に教えてやりたいです。
Posted by はちわれ at 2016年01月19日 10:29
慰謝料の相場 TOP > 名誉毀損の慰謝料
http://isharyou.hcafe.net/meiyokison.html

名誉毀損の慰謝料って意外と高額なんですね。
仮に1件100万円、ばら撒いたのが新聞販売店としたら、新聞販売店の数で掛け算ですね。

主犯にたどり着くまでいい稼ぎができるかも。
Posted by はちわれ at 2016年01月19日 21:03
前のコメントだけ読むと”金に浅ましい”感がありますが、そこはご容赦を。

実際、これまでの収入差分だけを見積もっても数千万円以上の被害はあるし、現状だってギリギリのところ。
”金は汚いもの”なんて考え方を幼少の頃に刷り込まれてるもんだから、必要以上の収入を得る生き方や道筋を無意識に避けていました。
でも、追い詰められると思想修正せざるを得ない。よく考えてみれば必要以上なんて言える人は世界に極僅かしかいませんし、勿論自分はそこに含まれていない。含まれていないどころか対極位置にいるわけで。

持っていればそれだけで備えだし、人生何が起こるかわからないですから(苦笑)

兎に角、慰謝料等が得られれば一息つけるし、協力してくれた方にもお礼ができます。
なのでそろそろ本格的に狸狩りを実行しなくてはなりません。
Posted by はちわれ at 2016年01月20日 06:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。